タイムレコーダの革命!クラウド管理を活用しよう

オフィス以外の業務もOK!どこでも打刻できるタイムレコーダー

社員の勤怠管理に欠かせない存在である、タイムレコーダー。そのタイムレコーダーも、これからはクラウドシステムによって一層効率的な管理が可能となります。
業種によっては、必ずしもオフィスでのみ業務を行うとは限らないものです。しかし、オフィスにしか従来のタイムレコーダーが無いとなれば、訪問介護や支店ヘルプ、派遣先など、さまざまな現場での業務において、正確な打刻は難しいのがネックとなっています。そこで、クラウドシステムでの勤怠管理を導入することで、更に多彩な打刻方法を取り入れることが可能です。例えば、タブレットやモバイル、ICカードのタッチなどの方法をとることで、各現場で打刻が出来ます。システムの種類によっては、同一システム内でシフト作成も出来ます。

勤怠データは給与ソフトと連携可能

勤怠管理をクラウドシステムで行うことで蓄積した勤怠データは、給与ソフトに繋げて活用することが可能なケースもあります。勤怠データをそのまま連携させるタイプの給与ソフトの他、CSV形式でデータを給与ソフトで使用するという場合もあります。多様な給与ソフトが連携可能なため、幅広い選択肢を持つことも特徴の一つです。
クラウド勤怠管理の導入には、別途機材を購入するタイプと、既に会社で保有しているPCやタブレットを使用できるタイプとがあり、後者であれば初期投資が不要で、コストパフォーマンスにも優れているのも大きなメリットです。高いセキュリティに尽力しているクラウド勤怠管理サービス、生体認証も可能なサービスなど、各社の特色も比較してみましょう。