就労規制に即した働き方に必要なのは?タイムレコーダー!

タイムレコーダーの正確性が大切

就労規則に則って働ける現場を探したいという社員は多いものの、実際にはサービス残業があるというケースも少なくありません。少しくらい遅刻しても許容されてしまうような現場もあります。働いたからにはそれに応じた賃金をもらい、就労時間が短いのであればそれに応じた減給があって然るべきと考えるのはもっともなことでしょう。それを実現するためには正確な勤怠管理を行える現場を作らなければなりません。社員の士気に関わる部分なので徹底した正確性を追求するのは経営者として重要なことです。そのアプローチとしてタイムレコーダーの正確性を重視するのは大切であり、打刻のタイミングも考慮してできる限り就労時間を正しく記録できるようにしましょう。

クラウドによる管理を行うのは合理的

正確な勤怠管理を行えるタイムレコーダーとして有力なのがクラウドによる勤怠管理システムです。位置情報に基いて確実に仕事をしているときには就労中と判断され、それ以外の位置にいる場合には就労していないと判断するシステムは厳密さがあります。基本的にはオフィスにいなければ就労していないと認識されるようになりますが、外勤の場合には例外として登録できるシステムになっていれば問題ありません。このようなシステムを使うとオフィスに入った時点で打刻でき、休憩時間で外に出たり、帰宅をしたりしたときにも打刻されます。社員がスマートフォンやタブレットを持っていればこのような状況を作り上げることが可能であり、端末の貸与も同時に検討すれば目標は達成できるでしょう。